ブログ プロ複業家とは?

会社員で複業家に「求められる」スキルとは?

投稿日:2018年9月17日 更新日:

このコラムでは、会社員スキルを軸にした複業(プロ複業)を始めるあなたに「どんなスキル」が必要になるのか? を整理してみましょう。

1)お客様の目線で対話するスキル

ちょっとわざとボカして書きました。さて、この一見して「当たり前のスキル」ですが、プロ複業家の最初の「お客様」って誰だと思いますか?

そう。実は、それはシンプルに「社長」や「責任者の人」です。

なぜかと言うと、プロ複業家は(何度でも書きますが)「少しだけ雇ってもらうこと」を前提に案件に関わります。そうなると、どうあっても必要なのは「社長に、必要だと思ってもらうこと」しかあり得ません。

ポイント

「この人に任せたら、自社の課題が埋まる!」と思ってもらうことが重要なのです。

ですので、そこで必要なのは「具体的な案件のメソッド」では無いんですね。「経営視点での最適化案」です。投資対効果がどうなるとか、事業計画にするとこう言う感じですとか、そう言う「会社規模のニーズに対応できる言葉」で会話することが求められます。

でも、これも管理職経験者なら「いつかやって来た道」なんですね。上司に毎度報告して来た、あのスキルを使って「正しい意見」をお客様に通すんですね。

2)現場の実務推進スキル

さて、経営者に対話をして、無事に案件を受けたとしましょう。次に求められるのは「現場のスキル」です。「餅の絵を描くだけ」なら、コンサル会社に投げちゃうほうが圧倒的にいいものが出てくることでしょう。でも、違います、我々「複業家」しか出来ない価値は、「自分で書いた餅の絵を、実際にカタチにすること」です。

同時にこれは、(1)をコミットすることにもなります。

ポイント

つまり、我々は最初から「自分にできない餅の絵は描かない」んですね。自分に「無理難題」として跳ね返って来ちゃいますから(笑)

「自分にできること」を書いて「自分が関わることで成し遂げる」と、この両立を行うことが会社員スキルを軸にした複業(事業)を行う(いわゆる)「プロ複業家」に求められるスキルと言えます。

これらを一言で表すとしたら「責任力」と「実行力」と言えるでしょう。会社員を軸にした「複業家」になるのなら、この2つのスキルを「両方持つ」と、仕事が動かしやすくなりますよ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人

でん太@プロ複業家

都内在住の40代1児の父。管理職の本業・サラリーマン会社員と複業で同じくらいの年収を作り、その後、独立。その後、独立1年目にして年商4,000万円、年収約2,000万円に到達したおっさんです。 当ブログではサラリーマン・正社員からの複業の始め方、働き方、メリット、会社との関わり方、独立の方法などを、僕の複業の事例を元に公開しています。

-ブログ, プロ複業家とは?

Copyright© サラリーマンからの複業のリアル , 2020 All Rights Reserved.