ブログ プロ複業家になる

成功する「副業・複業」は「あなたの延長」から生まれやすい

投稿日:2018年9月21日 更新日:

「副業・複業」と聞いた時に、あなたの頭の中には「何をしようかな~?」という思考回路が出ていると思います。しかし、実はそれだとスタートラインから少し危ういかもしれません。

そもそも、「副業を上手にこなすコツ」と言うのは「まったく新しい事にチャレンジする」よりも(それはそれで否定しませんが)、「いま、あなたに出来ることから作る」と言うのが基本的な考え方になります。たとえると(最近が違うらしいですが)スーパーで、売れ残りの野菜を加工して「お惣菜」として販売。みたいな、「あなたに、出来ること」を「アレンジ」して職業にする、と言う考え方の方が上手くいきます。

なぜか?

それは、副業にせよ、複業にせよ、それが「仕事」だからです。

あなたの本業の会社(なんなら、あなたの部署)に「ズブの素人」がある日やって来ても大活躍が出来ないのと同じことです。副業と言えども「競合」は存在するわけでして「あなたにとっては「副業」でも、ある人にとっては「本業」だったりする可能性もある訳ですね。そんな時に「なんの経験もないんだよね」で入って来ても、やれることなんて限られてしまう訳です。

そこで、まずは「自分の手の届く範囲」から考える事にします。こうすると、それだけで「自分の得意ごと」を使うので、それがマネタイズ(儲ける)に足るのかの判断がある程度出来るようになります。

これは、趣味の副業にしても、仕事の副業にしてみても同じ事で、そこが起点になる事で「成功確率」は当然のごとく上昇しますし、「継続していける可能性」も同様に上がっていく訳です。なぜなら、もともと自分がそれに嗜好があった訳ですから。

ですので、少しでも成功確率を上げる副業を考えるときは、まず「足下」の「自分のスキルや趣向」を見ながら、取り掛かるものを考えてみるのがいいんじゃないか。僕はそう言う風に思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人

でん太@プロ複業家

都内在住の40代1児の父。管理職の本業・サラリーマン会社員と複業で同じくらいの年収を作り、その後、独立。その後、独立1年目にして年商4,000万円、年収約2,000万円に到達したおっさんです。 当ブログではサラリーマン・正社員からの複業の始め方、働き方、メリット、会社との関わり方、独立の方法などを、僕の複業の事例を元に公開しています。

-ブログ, プロ複業家になる

Copyright© サラリーマンからの複業のリアル , 2020 All Rights Reserved.