ブログ プロフィール プロ複業家とは?

副業・複業解禁とは「我慢していた人助けの解禁」だと思った話

投稿日:2018年9月22日 更新日:

実は「副業が解禁されました」と言うニュースが広がって、会社でそれが解禁されて、制度として「ある」と言うことが分かっていても、僕も最初、副業はしませんでした。

ただ、僕が仕事をする中で僭越ながら「この会社に僕がコピーして入社したら、この穴は埋まるのにな」と思うケースが何度かあって、ただそれは時間的制約とかがあるから、思うだけに留めていて、その担当の方は「人さえいればやるんですけどね……」と残念そうな顔をして諦めている、と言うケースが多くて。

神えもんが僕に「だったら、やれば良いじゃない。君ならできるんだから」と言ったのはそんな折で、正直すごく揺さぶられたのですが「それはおこがましいのじゃないのか」とか「本業の支障にしかならないんじゃないのか」とか、「中途半端になってしまうんじゃないのか」いろいろグルグル考えて、

でも、「ええい、ままよ!」って始めたら。

結果、やっぱり人様の笑顔がすごくたくさん見られて、

「うわー、、やってよかった」って思ったんです。

何が言いたいかと言うと、「助けられるなら、助けてしまっても良いだろう」と思うんです。その行為に「責任を取るぞ!」と覚悟を決められるなら。いや、もしかしたら、そんな重たい判断でも無くて「まずは、これだけなら力になれるけど、どう?」と聞いてみるだけでも良いのです。

たとえば「ハサミの使い方」が解らない人が「ハサミは刃物だから危険」と言う理由で触っていなかったとして、その「使い方を教えてあげる」。これは、「ハサミを使うスキルを持っている人」なら誰でも出来ることのはずです。

そして、そこに「多大な労力」はかからないはずです。切絵をやるわけじゃないし。

副業のスタートってそう言うことです。

ただ、今の日本って恐ろしい事に、ある会社でハサミを扱える人が「ハサミの使い方は、世の中のみんなが知っているだろう」と思い込んでいて、ほかの会社では「ハサミが使えたらなあ」って言いながら手で紙を切っている。

極端な事例だけど、本当にそう言う状態です。

それが人事制度の設計とか、マーケティング・プロモーションの立案とか、営業体制の構築と、OJTのやり方とか、いろいろありますが。

だから、僕はまず会社員に言いたいことがあって「いや、あなたのそのスキル。社外でも価値あるかもしれないですよ?」と言う事に気づいて欲しい。そして、それを渇望している会社に提供できたら、多分、日本はもっと豊かになる。

そこが、この副業話の「根っこ」な気がしています。

それをやりたい人のための当サイトと「神えもんメソッド」です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人

でん太@プロ複業家

都内在住の40代1児の父。管理職の本業・サラリーマン会社員と複業で同じくらいの年収を作り、その後、独立。その後、独立1年目にして年商4,000万円、年収約2,000万円に到達したおっさんです。 当ブログではサラリーマン・正社員からの複業の始め方、働き方、メリット、会社との関わり方、独立の方法などを、僕の複業の事例を元に公開しています。

-ブログ, プロフィール, プロ複業家とは?

Copyright© サラリーマンからの複業のリアル , 2020 All Rights Reserved.