ブログ プロ複業家になる

副業・複業を軌道に乗せるコツは「他人の目を入れる」こと

投稿日:2018年9月23日 更新日:

副業・複業を始める際に、特に初動の「成功確率をあげるために」やっておきたい事があります。それが何かというと「自分を客観的に評価する」という事です。

もっともドライな方法として「実際に中途採用のレジュメを入れてオファーの件数を見る」とかもありますが、これだと「レジュメが書くのが上手な人」が有利になることは否めません(それはそれで、凄く大事なのですが)。

そこで「すぐできる客観視」として僕がオススメしたいのが「人事経験者の知り合いに相談して、聞いてもらう」と言うことです。人事経験者が周りにいない場合は「たくさんの人を見てきた人・たくさんの人と働いてきた人」でも構いません(神えもんは、どちらかと言うとそっちの人でした)。要するに「大量の人間を見てきた人間」は、そう言う「眼」が強いので、聞いてもらうのです(これをよく「恥ずかしい」とか言う人がいますが、それは関係ないです。むしろ、これからそれで自分が社外にアプローチをするのに恥ずかしいもへったくれもありません)。

その時に、まず最初に僕らが持たなければいけない観点は「自己評価は間違っている」と言う大前提です。これは「上振れ」も「下振れ」もあるのですが、大抵は人間は自分の評価を本当の評価より「高く」見積もる傾向があります(ちなみに僕はバリバリそっちです。マーケターをやっていても自己評価だけは本当に苦手です 笑)。

だから、自分の考えが「いかに、甘っちょろいか」(という前提の方がイラっとしません 笑)を他人に確認してもらいます。ある程度、複業が進んでくると、これが「お客様の満足度」などで代替できるのですが、そもそも軌道に乗るまではやっぱり「自分という商品のビジネスプラン」を対等に評価してもらう事がすごく重要となるからです。

その結果「ダメ出し」が出てきたとして、それは真摯に受け止める必要があります。それを勘案してでも推進する局面もあるでしょうが、大抵「相手のいうことの方が正しい」と、とらえておけば大筋間違わないものです。

僕も、神えもんからは「(大筋は)行けると思うけど、何をするかによるんだよね」と言われてから、相当悩みました。あの手、この手の提案をして「こういうビジネスで、自分の価値はこういうところにあると思っていて、こういう力の発揮の仕方がしたい」みたいな感じで伝えれば、だいたい返答は帰ってきます。

無論、相手が自分の職務内容をよくわかっていない場合、その辺りの回答が「そんなスキルあるの?」「あるよ!」みたいな堂々巡りになるリスクはあるのですが、逆に言えば、それは「あなたが、その人からはそう思われていない証拠」にもなっています。その場合、そのスキルをそもそも「周りの人」に認めてもらうところがスタートかもしれません。

相手から見てそれが「あなたらしさが出ているか?」とか、ふんわりでも良いので意見をもらっておく。それを鵜呑みにする必要はないけれど、参考にはする。

最終的には「なるほど、それならしっくりくるな」と言うところに持って行ければ理想ですが、そうでなくても「自己評価のブレ」は非常に頻発するので、定期的に「第三者の目」を入れる事が重要と言えるでしょう。そう言う仲間がいると、この話はすごく加速します。

だから、まずは「協力者」を探すと言うアプローチは「十分アリ」です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人

でん太@プロ複業家

都内在住の40代1児の父。管理職の本業・サラリーマン会社員と複業で同じくらいの年収を作り、その後、独立。その後、独立1年目にして年商4,000万円、年収約2,000万円に到達したおっさんです。 当ブログではサラリーマン・正社員からの複業の始め方、働き方、メリット、会社との関わり方、独立の方法などを、僕の複業の事例を元に公開しています。

-ブログ, プロ複業家になる

Copyright© サラリーマンからの複業のリアル , 2020 All Rights Reserved.