ブログ 複業ライフハック

副業・複業の在宅化・効率化は「どこまでも」やれる

投稿日:2018年9月25日 更新日:

マルチワーカーを成立させる最もシンプルで重要なことは「仕組化・効率化」です。とは言っても、単純に「幾つものことを並行して走らせなさい」と言うだけは厳しいですよね。と言うことで、その辺りをひもといて行くこのカテゴリ。今回は「時間活用の効率化について」です。

「副業・複業」という言葉を聞いた時、多くの人が「働くこと」をイメージします。そのイメージ自体を、具体的にひも解いて行くと、たとえば、ある人は「その会社に訪問して、会議に参加して、資料を配布して」と言うようなイメージだと思います。

つまり、「本業と同じようなスタイルで仕事を横展開する」と言うことですね。職務内容自体は、おそらくそんな感じだと思います。だけど、「副業・複業」にしているときに1つ、おそらくあなたの想像とは「決定的に違うこと」が存在します。

それが何かというと「働くスタイル」です。

たとえば、僕(でん太)の場合は、複業の仕事のほとんどが「メールとメッセンジャーのやり取り」で進行していきます。必要な会議にはタイミングを見てお伺いする事もありますが、途中の段階に入った時は「Webから参加し、終了後に退出」と言う感じで関わったりもします。つまり、物理的には「自宅から作業・参加」していることになります。

これなら、自宅で作業場に1時間篭るだけで、仕事が完了できてしまいます。

みなさまも、僕も本業では、サラリーマンの大半がそうであるように「通勤」と言う移動時間を使いながら、会社に行き、会議室に入って打ち合わせをし、決められたスペースで仕事をする訳ですが、こと「副業・複業」においては、この「勤怠のルール」を決めるのは、他ならぬ「自分自身」です。

ですから、相手との契約上で「会議に参加すること。ただしオンライン・オフラインは問わない」とでも書いておけば、重要な局面だけ顔を出して、普段は「自宅から参加」でもなんの問題もありませんし、相手の会社のある場所まで移動する必要すら、そもそもありません。

また、会議の資料もクラウドに上げておけばいつでも閲覧は可能ですし、コメントを残しておきたければ、メッセンジャーに投げ込んでおけば良い訳です。

このように「副業・複業」の時間の使い方は、自分のルールによっては「仕事をする以外の時間(移動時間、おつきあいの会食、雑談など)を徹底的にカットする事も可能ですし、それが「徹底的な効率化」を可能にします。

だから、結果的にそこに使う時間の「密度」は、すごく高くなります。副業・複業というと、どうしても「2倍働く」みたいなイメージを持つと思うのですが、世の中の技術的には、もう「世界中のどこでも働ける環境」がある訳ですから、せめて自分で仕事にする際は、それらの「便利なツール」を、徹底的に活用したいところです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人

でん太@プロ複業家

都内在住の40代1児の父。管理職の本業・サラリーマン会社員と複業で同じくらいの年収を作り、その後、独立。その後、独立1年目にして年商4,000万円、年収約2,000万円に到達したおっさんです。 当ブログではサラリーマン・正社員からの複業の始め方、働き方、メリット、会社との関わり方、独立の方法などを、僕の複業の事例を元に公開しています。

-ブログ, 複業ライフハック

Copyright© サラリーマンからの複業のリアル , 2020 All Rights Reserved.