ブログ 複業ライフハック

複業により「出世欲が消えた」ら仕事が改めて楽しくなった話

投稿日:

 

「それ、良い仕事できるじゃん!」と心から叫んだ日。

これは自分自身、振り返ってみてかなりビックリしたと同時に非常に面白かった話なのですが、自分はもともと「部を預かる立場」だったので、相応に他部署と「意見がぶつかること」というのがありました。仮に企業が「成長」という同じ目標に向かって進んでいたとしても「部」が違えば、時として「利害」がぶつかるのは必然で(別になすりつけ合いでもないのですが)、管理職同士の「やれ、どちらがどうだ」みたいな話は、どこの企業にも転がっている話です。

特に、成果については「どっちが頑張った」みたいな事が多かったので、これが評価に繋がったりすると、また面倒な事になるものです。

そして、上位になればポストの数も「ピラミッド式」に頂点から埋まっていくので、出世のチャンスなんぞ限られているわけですね。

僕こと「でん太」は、あるタイミングまではこういう「切った張った」みたいな川の中を泳いで出世レースしていたのですが、ある日からこのレースを「スパッ」とやめました。部下の評価はさておき、自分の評価については「まあ、相応なのです」と、適当な位置に置いていました。

そんなある日のことです。人事異動で、僕と肩を並べていた「営業部長」の方が本部長に昇進し、僕はその方のもとでマーケティング部を持つことになる、という人事発令が出ました。

そうしたら、周りの管理職の人々が「でん太さん、落ち込んでないか?」と、僕に声をかけてきたり、気を使ってきたり、ある人は「思うところあるだろう? こっちと組まないか?」くらいのことを言ってきたりもしました。

で、肝心の僕ですが「え、なんで? 仕事しやすくなるじゃん? 不毛な争いも無くなるだろうし」と真顔で答えて「うそーん!? なんでそんなに達観しているの!?」と、皆に驚かれたのをよく覚えています(笑)

実は、ここに至った原因が「複業」です。

僕は、複業をこなすことで「外でも自分はやれる」と自信をつけました。結果「これ以上(の出世・肩書き)は、別にいいや」って思っていたんですね。そうなると、企業の管理職としては激レアなのかもしれませんが企業の管理職の中にありながら「出世欲は無い」中で仕事をすることになりました。

そうなると、自分の部下は別として、自分が功績を得る事に執着がなくなります。ですので、上司が誰であろうと(それが、元同僚や、年下であろうと)、あんまり関係がなくなります。だから、余計な争いが減ることはどんな形であれ「歓迎」出来てしまいます。

要は「仕事をする裁量だけください」と、こういう状態です。
(僕は、ココこそが本質だと思うようになったのです)。

それが「なんなのか」というと、多分「真の意味での仕事本位」なんだろうと思います。今、僕が会社で何がしたいかというと「誰の元でも良い」ので「純粋に、いい仕事がしたい」と、これだけです。最も仕事のしやすい環境で、仕事だけに集中して、達成感や満足感を得たいという、欲求だけで仕事をしています。

(ある程度までやってきたこともあり、これ以上の)「出世」という欲目が消えて初めて気がついたのですが、僕自身、これまで随分多くの「欲目」を正当化・アピールしながら仕事をしてきたのだなと気づきました。思えば今までは、どこかで「主導権を取りたい自分」がいたのかもしれません。

いま、改めて「仕事が楽しい」と感じれるのは、そういう欲目無しに「純粋に仕事に打ち込むぞ!」という心構えの部分が本当に大きいと思います。そのキッカケを作ったのは「複業」という「自分の市場価値の可視化」でした。

自分の価値がわかることで「人生に余裕」が生まれることもあるので、ぜひ「複業を道にして、自信をつける」というのは、皆様にも考えて欲しいキャリアの選択肢だと言えます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人

でん太@プロ複業家

都内在住の40代1児の父。管理職の本業・サラリーマン会社員と複業で同じくらいの年収を作り、その後、独立。その後、独立1年目にして年商4,000万円、年収約2,000万円に到達したおっさんです。 当ブログではサラリーマン・正社員からの複業の始め方、働き方、メリット、会社との関わり方、独立の方法などを、僕の複業の事例を元に公開しています。

-ブログ, 複業ライフハック

Copyright© サラリーマンからの複業のリアル , 2020 All Rights Reserved.