ブログ プロ複業家になる

「おいしそうな副業」を見たら考えて欲しいこと

投稿日:2018年10月2日 更新日:

これは、ある人の言動から「やっぱり、怖い側面があるな」と学んだことで、そこから僕がずーっと守っている思考のルールの話です。昨今、「副業」でもこんな流れが結構あるので、今回はこのネタを取り上げます。

もし、あなたの前に「楽して稼げる!」みたいな副業の広告が出てきたら、ちょっと「おっ!?」って思いますよね。

僕も思います。

でもですね。よーく考えて欲しい事があってですね。

注意ポイント

そんなに「ワリのいい話」だったら、紹介なんかしないで、その人がやっているはずなんですよ(笑)

いや本当に。

こう思うようになったのは、以前の職場で中途採用で入ってきた「かつて投資物件の営業をしていた人」と飲んだ時に「あの手の話って、じゃあ(営業している)あなたも買えばいいじゃないのって切り返されないの?」と聞いた事がきっかけです。

この問いに対してその人は「あぁ~、そう言う人、たまにいます。で、そう言う時は『もちろん買いました』って言うに決まっているじゃないですか。買ってないけど」と真顔で返したのを見て「やっぱり、美味しそうな話は、ちゃんと自分の頭で冷静に吟味して考えないとダメだな」と、思ったものです(投資物件が悪いと言っているわけではありません。物事は自分の頭で背景を考えないといけないなという話です)。

結局、そこで本当にワリが良いなら、見ず知らずの人に出すはずがありません。それを出したとして、その人に「どんなメリット」があると思います? ないのですよ。

ただし。この手の話で「本当にワリのいい話」が転がっている時は実はあります。

たとえば「この家を設計してくれたら報酬はこのくらいだ!」みたいな感じの破格の案件が出てきた時。建築家の人ならそれ見て「美味しい!」って思いますけど、一般人には「そもそも美味しいのかすらわかりません」とまあ、こう言う世界なら、この話は成立します。

つまり「プロ」である事が前提の時ですね。これが「プロ複業家」が、プロたる所以でもあります。神えもんメソッドですね。「できる人が少ないから、美味しい」と、こう言う事です。

話を戻してまとめに入らせていただくと(笑)美味しい話を見たら、一瞬で構いません。

ポイント

「なんで、この人は、自分でやらないんだろう?」と、考えてみてください。

そこで冷静になるのが「騙されない」第一歩だと思います。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人

でん太@プロ複業家

都内在住の40代1児の父。管理職の本業・サラリーマン会社員と複業で同じくらいの年収を作り、その後、独立。その後、独立1年目にして年商4,000万円、年収約2,000万円に到達したおっさんです。 当ブログではサラリーマン・正社員からの複業の始め方、働き方、メリット、会社との関わり方、独立の方法などを、僕の複業の事例を元に公開しています。

-ブログ, プロ複業家になる

Copyright© サラリーマンからの複業のリアル , 2020 All Rights Reserved.