ブログ プロ複業家になる

複業継続のコツは「理念」にあり(僕の経営理念)

投稿日:

あなたが、会社員からの複業を「その道のプロ」として立てて行こうとした時、僕が最も大事にして欲しいことは、その複業の「(経営)理念」です。たぶん、これが無いと「複業のスタートアップ時に挫けてしまう人がいるかもな」と思っています。

まず、会社員が本業を軸にして起こす複業と言うのは、基本的には「事業」になります(なにせ個人事業主になりますから)。その事業と言うのは、あなたがこれまで培って来た「スキル」を「価値化」して販売すると言うことです。

ポイント

そうなると、この「価値」は貴社にとっての「商品」になります。これを事業主として販売する時に、必要なのは「軸」です。

たとえば、でん太の場合「日本の世の中にマーケターを増やすことで、国を豊かにしたい」と言う「経営(複業)理念」(軸)があります。大義と置き換えても良いかもしれません。

これは、これまでの僕の仕事の中で「マーケティングをやりたくても出来ない人々・企業が残念そうにしていたり、悔しがっている様子」をたくさん見て来て「これじゃいけない。僕ができることがあるはずだ!」と思い立って、この旗を掲げたものです。

僕の展開するサービスは基本的に「この軸(理念)の周りに付随するものすべて」になります。社員教育(講師)、知見の提供、コンサルティング、アドバイザー一見するとバラバラなこれらの業務(事業)は、実はすべて「理念」で考えると、同じ「軸」にのせることができます。だから、その毛色の仕事は基本的に前向きに検討します。

ポイント

このように、軸が一本たつと、自分の行動にメリハリが効くようになります。つまり、行動に「一貫性」が生まれます。

実は、このブログもそうなんです。このブログを読んだ人が自分のマーケティングをして、世の中で活躍する。それって「日本が豊かになる」原動力かもしれません。

そして、こういった「理念」が存在する時、本人は「損得」をあまり考えないようになります。僕は「僕がやりたいから」このブログを更新したり、クライアントの企業様と仕事をしています。

それがあるからこそ、たとえばアクセス数を気にせずに記事を入れ続けたり(笑)「お客様本位」を目指した仕事ができたりと言う循環が生まれています。

お金は確かに必要ですし大切ですが「お金だけが主軸」だと、目先の利益に目がいってしまい、すぐに効果が出ない事を受け入れられなくなる瞬間がある事でしょう。しかし、そんな時に理念があれば「自分の思い」は健全のままに仕事ができると、思います。

馬鹿らしい、と思われるかもしれませんが、行動・言動が変わるレベルのライフハックなので、ぜひご自身の「理念」について考えてほしいところです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人

でん太@プロ複業家

都内在住の40代1児の父。管理職の本業・サラリーマン会社員と複業で同じくらいの年収を作り、その後、独立。その後、独立1年目にして年商4,000万円、年収約2,000万円に到達したおっさんです。 当ブログではサラリーマン・正社員からの複業の始め方、働き方、メリット、会社との関わり方、独立の方法などを、僕の複業の事例を元に公開しています。

-ブログ, プロ複業家になる

Copyright© サラリーマンからの複業のリアル , 2020 All Rights Reserved.