ブログ プロ複業家になる

これから複業を始める人が行うべき「戦略」の話

投稿日:2018年10月6日 更新日:

みなさまこんにちは。開始半年で本業と年収を並べたプロ副業家「でん太」です。

企業が何かしらの事業をマーケティング視点で起こす時、必要なのが「戦略」といわれています。戦略をものすごく簡単に一言でいうと「(限られた)資源を配分すること」です。

リソースは大別して、最近は「5つある」と言われますね。それが、

ポイント

ヒト、モノ、カネ、時間、情報

です。この、リソースをうまく配分することで事業とは展開するのですが、こと「副業」の最初期においては、結構シンプルにまとまったりします。

メモ

ヒト=自分(みんな1人)
モノ=
カネ=(そんなに変わらない)
時間=
情報=

ということで、5大資源があっという間に「3つ」になってしまいました(笑)

と、なると(時間はあとで解説するとして)まず必要なのは「モノ」と「情報」です。この2つ資産を整えれば、とりあえず戦略は展開できそうです。

ちなみに「モノの資産」とは自宅にあるPCとかのことなので、これもそこまで差はないでしょう(通常は工場とかの設備や機械を指しますから)。

となると、考えるべきは「情報」です。

情報、というと分かりにくいですが、これは何を指すかというと、
あなたが持っている「技術やノウハウ」を指します。

これなら人によって色々ありそうですね。自分が勤めている会社だから分かることってあると思います。僕は、前職が放送通信業界だったので、その辺りの事情は知っていますし、今も特定の業界は詳しいです。また、業種だけではなく「職種」という軸もあります。僕の場合はマーケティングですが、特定の職種のキャリアが長いほど、強みは出てきます。

また「情報」という考え方なら「趣味」なども該当します。僕のブログではあくまでも「仕事」を軸にした副業を考えますが、実は僕は昔趣味のアフィリエイトサイトを作っていて、今もそこから「飲み代」くらいは出てくる感じになっています。

ポイント

だからこそ、副業を始めるにあたっては「情報(技術やノウハウ)」を徹底的に考える事が大切です。なぜなら、差別化ポイントが結局「みんなほとんど情報軸しか無い」からなんですね。

最後に「時間」ですが、これは「みんな1日24時間じゃないの?」と言われそうなので、あえて書いておくと「スピード」と考えた方が良いでしょう。企業においては「意思決定までの速度」を指す事が多いのですが、個人に落とすなら「行動量」が適切かもしれませんね。「まず、やってみる」までの時間は短い方がいい。

なので、

ポイント

手早く「自分のメソッド」を決めて、まず「やってみる」。

これこそが、複業を始める人が行うべきスタートアップ戦略の第一歩と言えるでしょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人

でん太@プロ複業家

都内在住の40代1児の父。管理職の本業・サラリーマン会社員と複業で同じくらいの年収を作り、その後、独立。その後、独立1年目にして年商4,000万円、年収約2,000万円に到達したおっさんです。 当ブログではサラリーマン・正社員からの複業の始め方、働き方、メリット、会社との関わり方、独立の方法などを、僕の複業の事例を元に公開しています。

-ブログ, プロ複業家になる

Copyright© サラリーマンからの複業のリアル , 2020 All Rights Reserved.