ブログ プロ複業家になる

僕がおすすめする副業・複業のアイデア

投稿日:

みなさまこんにちは。副業が始まってから半年で複業になり、本業並みに稼ぐことに成功したプロ複業家「でん太」です。

どうも、世の中の動向を見ていると「副業・複業」と言う言葉が出てきたけど、何かいいものはないのかな。という感じで「おすすめの副業」みたいなものを探している空気を感じます。僕も、実は趣味探しの時に似たようなことをしていて「趣味 おすすめ」みたいな感じで検索した事もありましたが、それで「これシックリ!」となったことは(残念ながら)ありませんでした。

なので、上記2つの経験をもとに、

ポイント

僕がみなさんに「この副業おすすめですよ」と言うとしたら、それは「あなたの足元にある経験」と言います。

よく、考えて欲しいのですが。副業ってお金を得る手段です。もし、そんなものが「これオススメ」って感じで画一的に存在していたとしたら「そんなもの儲かる訳ないか、すでに超有名のいずれか」です(笑)

そして間違いなくみんなやっているなら、もう儲からないでしょう。

また、画一的に存在しないものはそもそもオススメしても意味がありません。

たとえば「医者はオススメです。儲かりますよ」とか書いても「ばかじゃねえの?」ってなりますよね。僕なら、そいつのみぞおちに向けてグーでパンチです(笑)

なので、副業のアイデアは自分で探すしかありません。

ポイント

でも、僕は「ヒント・やり方」を出すことはできます。このサイトにもあの手この手で書いてはありますが

たとえば、僕の場合は趣味の時は「新しく始めること」について経験談をたくさん並べてブログにして収益化した事があります。今はお休みさせていますが、かなりの流入量を持つサイトなのでコミュニティくらいなら作れてしまうかもしれません。

また「もともとあった経験」を活用するなら仕事も有効です。

ポイント

意外に「自分の会社では当たり前のこと」が一歩外に出ると、すごいことみたいなケースはよくあります。

それが、(もちろん)業務上の守秘義務に引っかからないような事であってもです。業界慣習とか、専門用語とか、そもそも進め方とか、同じ業界にあっても「そうか!」と思うようなノウハウは存在したりします。

どこにあるかもわからない「おすすめ」を探すくらいなら、まず、客観的にそう言うものを「見つける」ことから始めてみませんか?。そして、それをもとにアイデアを膨らませること。それこそが「あなたらしい」副業を作るための第一歩だと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人

でん太@プロ複業家

都内在住の40代1児の父。管理職の本業・サラリーマン会社員と複業で同じくらいの年収を作り、その後、独立。その後、独立1年目にして年商4,000万円、年収約2,000万円に到達したおっさんです。 当ブログではサラリーマン・正社員からの複業の始め方、働き方、メリット、会社との関わり方、独立の方法などを、僕の複業の事例を元に公開しています。

-ブログ, プロ複業家になる

Copyright© サラリーマンからの複業のリアル , 2020 All Rights Reserved.