ブログ プロ複業家になる

複業を強くする「小さく試して、大きく育てる」考え方

投稿日:

サラリーマン、会社員が複業を「しっかり形」にするには、やっぱり相応の時間が掛かります。なにせ、自分が培って来た「経験」を「スキル」に置き換えて、それを「市場に受け入れられる形で売る」と言うところ。

つまり「事業」まで持っていかねばいけないからです。

そんな時、人間なら「ドカンと成功したい!」と思うものです。ですが、複業で始めるなら、それは少し我慢して初めてみるのもいいかもしれません。

実は、会社員である僕らが(この個人事業主としての活動を行う際に)「複業(副業)と言う立場で始めるからこそ出来ること」があります。

ポイント

それが「小さく始める」と言うことです。

一般的に世の中の企業は、事業を決めた時、そこに「最大限の投資」を行い「価値を最大化する」事を(リスクを取りながら)行うわけですが、僕らは「本業」と言う本丸が残っているので、ここ(本業)がある種「最後の砦」の役割を果たしてくれています(もうちょっと違う言葉を使うとセーフティーネットでしょうか)。

つまり、仮に「複業でコケ」ても、まだ生活のバックアップは存在するんですね。

まず、ココを頭に叩き込んでおきましょう。

だからこそ。あなたは「焦る必要」はありません。

それを意識する事で、僕らには「小さく始める余裕」が生まれます。

そう。「本業があること」は、複業に支障があるわけではないんですね。

ポイント

むしろ、僕らは本業により「時間が限られている」代わりに「心の余裕」があるんです。つまり、これを使わない手はないのです。

もちろん、この条件で動き出そうとすると「時間が小さい(少ない)、お金(投資)が小さい(少ない)」と言う感じで(本業に対してと言う相対的な話になりますが)もともと使えるリソースが「小さい」でしょう。

しかし、あなたが「小さく始める」なら「小さいリソース」でも十分です。

この「限られた制限の中」で事業を「どう上手く回すのか?」にまずは注力することで、無駄のない筋肉質な「事業」を立ち上げる事ができます。

で、もし、育ってきたら、そこで「ガツン!」と舵を切って「大きく育てる」ように持っていけばいいんですね。この体系でトライアルが出来るのは、あなたに「本業」が存在する「副業・複業」のタイミングだけです。

実際、僕も「このスタイルがいいな」と決めてから徐々にアクセルを踏み込んで行きました。

ですので、ぜひ会社員の人は「会社員だからこそ」の余裕を生かして活動をし、「限られた時間でも出来る、限られた事業」を歓迎しつつ、事業をスタートして欲しいと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人

でん太@プロ複業家

都内在住の40代1児の父。管理職の本業・サラリーマン会社員と複業で同じくらいの年収を作り、その後、独立。その後、独立1年目にして年商4,000万円、年収約2,000万円に到達したおっさんです。 当ブログではサラリーマン・正社員からの複業の始め方、働き方、メリット、会社との関わり方、独立の方法などを、僕の複業の事例を元に公開しています。

-ブログ, プロ複業家になる

Copyright© サラリーマンからの複業のリアル , 2020 All Rights Reserved.