ブログ プロ複業家になる

「スマホ・自宅で」と言う条件の副業の広告を見て思うこと

投稿日:

みなさまこんにちは。副業が始まってから半年で複業になり、本業並みに稼ぐことに成功したプロ複業家「でん太」です。僕は基本的に、複業を行うのは自宅か、移動中のスマホでほぼ80%が完結している人間です。

しかし、それは一般的によく言われる「スマホ・自宅で副業」を「目的」にしているのではなく、あくまでも「手段」として結果的にそうなった人間です。

たとえば、僕の場合、Web会議で話が進み、スマホのメッセンジャーでやり取りを行います。資料作成は自宅のPCでやりますが、簡単な手直しやらメールくらいなら移動中のスマホで対応しています。

ポイント

このポイントだけを切り取ると、僕は「スマホを使い、自宅で副業」をしていることになります。

ただ、これが世に言う「自宅やスマホで出来る簡単作業!」みたいな副業かと言うと、決してそう言う事ではありません。

と言うか、冷静に考えてみるとスマホはツールですし、自宅は場所な訳ですから、特段「勤務」と言うスタイルをとっていなければ「いかようにでもやれる」んですよね。

なので、「簡単だから」とか「スマホだから」とか「自宅だから」で、仕事を選んだ訳ではなく、効率を重視した結果「こうなった」と言うのが正しいです。

そして、多くの仕事が「やりようによっては、そう言う風にする事ができる」と思っています。

何が言いたいかと言うと、皆様が副業・複業を始めようとして最初に探されるときに「自宅でできるもの」や「スマホで出来るもの」を軸に考える事があるかもしれません。

ポイント

でもそれは両方、本来は「手段」であって「目的」では無いなと。

なので、まず「こう言う事がしたいな」を先に考えて「それが、自宅やスマホで出来るんだっけ?」とか「やれる方法」を考えたほうが、皆様が「本当にやりたい仕事」に近づける確率が上がるんじゃないかなと、経験から思います。

今回は、スマホのそんな広告を見て感じたことのお話でした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人

でん太@プロ複業家

都内在住の40代1児の父。管理職の本業・サラリーマン会社員と複業で同じくらいの年収を作り、その後、独立。その後、独立1年目にして年商4,000万円、年収約2,000万円に到達したおっさんです。 当ブログではサラリーマン・正社員からの複業の始め方、働き方、メリット、会社との関わり方、独立の方法などを、僕の複業の事例を元に公開しています。

-ブログ, プロ複業家になる

Copyright© サラリーマンからの複業のリアル , 2020 All Rights Reserved.