ブログ 複業ライフハック

副業サービスカオスマップを読んで思うこと

投稿日:

みなさまこんにちは。副業が始まってから半年で複業になり、本業並みに稼ぐことに成功したプロ複業家「でん太」です。早速ですが、今回のコラムは先日、プレスリリースが出たばかりのコレ。

副業したい人と企業をつなげるサービス「シューマツワーカー」を運営する株式会社シューマツワーカー(本社:東京都渋谷区/ 代表取締役:松村幸弥)は、20181016日に「副業サービス カオスマップ」の2018年最新版と、企業に向けた副業社員の活用方法をまとめた「副業社員の活用ガイダンス」を公開いたしました。

IT業界とかだとよく使われる「カオスマップ」。要するに「この業界にこれくらいのサービスが露出してきていますよ」と言うヤツです。1年前と比較しても、結構な勢いで伸びているのが「ひとめ」でわかりますね。2017年なら「いくつかな~」と数える気もまあまあ起きますもが、もはや2018年は数えるのが億劫です(笑)

▼2017年度版はコチラ
https://shuuumatu-worker.jp/news/170818

まあ、端的に政府の方針が大転換を受けたこともあって、多くの事業者が出てきていると。他の記事でもあるように企業側は「認めません」と言うスタイルをとっていますが、こうなってくるともう「時間の問題なんだろうな」と個人的には思います。

理由はシンプルです。優秀な社員の中に、自分の専門性を生かした副業・複業を手がける社員が出てきて、それを認めないために失ってしまうリスクを避けるために、企業側が譲歩していかないとその人がやめて行ってしまうと。そして、それを補填するためのリソースも、そもそもないからです。

その副業をこれまでよりも「気軽に、手軽に」行うためのサービスが、たったの1年でこれだけ増えたことを考えると、来年はこの勢いがもっと加速していくのは間違い無いでしょう。

ただ、ひとつ言えることは、一般的なサラリーマン・会社員にとって「副業を始めるまでのハードルは案外高い」と言うことです。例えば、本人が副業に興味を示しても、だんだんと「何からしたら正解なのかわからなくなる」と言ったような状況にもなっていくのだろうなと思います。

だから、正しく情報を捉えながら「何を活用して、自分の在りようを形成するのか?」が今後、求めれるのだろうなと感じています。たとえば、ここに出ているサービスをいくつか実際に調べたり登録しながら「自分にあった副業」を見つけてみると言う活用方法も、「副業ライフ」を形成するにあたっては、かなり有用だと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • この記事を書いた人

でん太@プロ複業家

都内在住の40代1児の父。管理職の本業・サラリーマン会社員と複業で同じくらいの年収を作り、その後、独立。その後、独立1年目にして年商4,000万円、年収約2,000万円に到達したおっさんです。 当ブログではサラリーマン・正社員からの複業の始め方、働き方、メリット、会社との関わり方、独立の方法などを、僕の複業の事例を元に公開しています。

-ブログ, 複業ライフハック

Copyright© サラリーマンからの複業のリアル , 2020 All Rights Reserved.